ゲーム

リディー&スールのアトリエDX攻略調合編⑦ リフュールボトル

緊急回避用の保険アイテム【リフュールボトル】を作成していきます。

まあ必須のアイテムではありませんがあると便利です。

調合自体少しクセがありますが触媒選びの練習になる調合です。

なのでぜひ参考にして作成して下さいね♪

リディー&スール攻略リディー&スールのアトリエの攻略まとめです。 是非参考にしてみてください 本編 第一話双子の日常 プロローグから第一...

特性の抽出

まずは付与する特性です。

正直回復系のアイテムは回復量よりもバフや状態異常回復の特性を付けるのがセオリーとなっとります。

この段階で入手しているはずの特性を厳選?しました。

付与する特性

セオリー通りバフと状態異常回復を付けていきます。

●エンシェントシールド

こちらは中盤の定番特性。

効果は次に受けるダメージを軽減します。

【そよ風のアロマ】は全体に効果があるので全員に上記効果を発現させれるのはかなり強力ですね。

これは【大いなるウロコ】の専用特性になります。

【大いなるウロコ】自体は【アンフェル大瀑布】をはじめあちらこちらで入手していると思います。

●万病に効く

これもお馴染みすぎる特性。

ひねりが無くてすいません。

効果は状態異常を2個治療し、しばらくの間状態異常にかかっても3ターンで無くなるようにします。

強いですね。

こちらは【黄金樹の葉】の専用特性になります。

【夜明けの大地】で簡単に入手出来ます。

エンシエントシールド

特性が決まれば抽出です。

まずは【エンシェントシールド】

この抽出は毎度面倒くさい系なんですよね。

【大いなるウロコ】自体が【動物素材】【神秘の力】と言う事で抽出し難いんですよ。

ここはループ調合の一つでもある【錬金粘土】に抽出するのがベターですね。

この【錬金粘土】は【中和剤・黄】とループ調合できる優れもの。

まあ今回も効果を発現させながら抽出していきます。

発現させるのは【こねやすい】【焼くと固まる】の2つ。

これは青色マス目が4・赤色マス目が7増える効果です。

なので青色の素材と赤色の素材を集めて調合すればOKです。

まあ【中和剤】が使えるので簡単に作成出来ますね。

次にこの【錬金粘土】を【中和剤・黄】に移し替えます。

こちらも効果を発現させます。

【熱をためる】は赤色3マス、【硬水】は青色3マス。【藤黄の力】は黄色4マスが追加されます。

効果は全て発現させるのでまあまあ難易度高めですね。

その為に月・太陽・水星と全てにボーナスパネルが存在する【グラナート】を触媒に使う必要があります。

次に素材ですが【錬金粘土】ともう一つの【粘土】素材には【混沌の泥】を使います。

これは黄色が7マスの物を使用します。

後は前回【ドナークリスタル】の作成等で調合した【蒸留水】をぶちこみます。

コツは【錬金粘土】の赤色7マス・青色4マスを先に投入して紫色3マスを【虫コハク】で黄色に変換すればOK。

少し難易度が高いですが上記図を参考に調合してみて下さい。

これで【エンシェントシールド】の抽出完了です。

万病に効く

次は【万病に効く】の抽出です。

【黄金樹の葉】は【植物類】【薬の材料】というカテゴリーを持っています。

なのでここは迷う必要は無いですね。

【ゼッテル】一択です。

もちろん効果は【破れにくい】【水に強い】を発現させて緑色12マスの物を作成します。

正直これは簡単ですね。

緑色の素材を集めるだけです。

上記の【中和剤・黄】に比べると簡単ですね。

これは色々工夫して作成してみましょう。

まあこれぐらいの調合は出来るようにならないとアトラーへの道は遠いですな。

これで【万病に効く】の抽出終了です。

ゼッテルの作成

それぞれ抽出が終われば今回は【エンシェントシールド】【万病に効く】が付与された【ゼッテル】を作成します。

まあそんなに難しくないですね。

万病に効くを蒸留水に

まずは上記作成した【ゼッテル】を素材に【蒸留水】を作成します。

これは普通に移し替えるだけ。

【ゼッテル】以外の素材は適当でかまいません。

もちろん効果は【器具洗浄用】【飲用】を発現させます。

まあ【水】カテゴリーがあって、【ゼッテル】自体緑色12マスなんでこれは問題ないですね。

【ゼッテル】→【蒸留水】はループ調合の基本中の基本。

きちんと理解して調合するようにしましょう。

これで【万病に効く】が付与された【蒸留水】が完成します。

特性2つが付与されたゼッテル

そして上記作成した【蒸留水】と【エイシェントシールド】を抽出した【中和剤・黄】を使って特性2つが付与された【ゼッテル】を作成します。

やはり【蒸留水】【ゼッテル】【中和剤】のループ調合は基本中の基本ですね。

もちろん効果【破れにくい】【水に強い】が発現した緑色12マスの物を作成します。

 

まずは特性を抽出した【蒸留水】と【中和剤・黄】を用意。

後は緑色の素材をぶち込むだけ。

触媒は【シュタルレヘルン】作成時と同じく【エルトナ水晶】を使うと簡単です。

これで特性2つが付与された【ゼッテル】が完成します。

必要な素材の準備

次に作成に使う素材集めです。

まずは【夜明けの大地】で【黄金樹の葉】と【コバルト草】を入手します。

これが一番の難関。

【黄金樹の葉】は黄色合計8マス以上が好ましいです。

うちは10マスの物を入手しています。

【コバルト草】は青色マス目が少しでも多い物を採取。

まあこちらの方は結構簡単に入手出来ます。

次に上記作成した【ゼッテル】の特性を【蒸留水】に移しこみます。

これはもう何回もやっているので大丈夫ですよね?

【器具洗浄用】と【飲用】を発現させま。

最後に【サファイアス】を用意します。

これは適当に作成しても全く問題無いです。

これで下準備はOKです。

リフュールボトルの作成

それでは【リフュールボトル】の作成です。

発現する効果は下記の4つになります。

⓵HP回復・大:HPを大きく回復する。

➁気分爽快:ブレイク値を大きく回復する。

➂自動発動50%:仲間のHPが50%以下になったら自動で使用する。

➃良薬:緑色のマス目が6増える。

なんといっても➂の自動発動50%がポイント。

このお陰で戦闘不能になる確率が激減します。

まさに保険用のアイテムです。

こんな素晴らしい【リフュールボトル】ですが、現段階では【サファイアス】を触媒に使わないと全効果は発現出来ません。

【サファイアス】のボーナスパネルが丁度効果を発現させるのに適しているのです。

なので一番今回の調合に必須の素材となります。

後は上記採取した【コバルト草】【黄金樹の葉】を準備。

そして以前攻撃アイテム調合で作成した【中和剤・緑】。

最後に特性2つを付与させた【蒸留水】を用意すればOK。

素材が揃ったら調合開始です。

一応縦軸を漢数字、横軸をアルファベットで記載しています。

リフュールボトルの調合

⓵1-Aに黄色6マスの【黄金樹の葉】を投入

➁5-Dに黄色4マスの【黄金樹の葉】を投入

➂4ーBに緑色3マスの【蒸留水】を投入

④5-Aに緑色4マスの【中和剤・緑】を投入

⑤4-Cに緑色2マスの【中和剤・緑】を投入

⑥3-Bに緑色2マスの【コバルト草】を投入

⑦2-Eに青色6マスの【蒸留水】を投入

⑧1-Dに青色3マスの【中和剤・緑】を投入

⑨1-Dに青色4マスの【コバルト草】を投入

⑩5-Bに紫色1マスの【コバルト草】を投入

⑪2-Cに青色1マスの【蒸留水】を投入

これで完成です。

作成してから気づきましたが青色のマス目こんなに要らなかったです。

なので【コバルト草】は青色3マスあれば問題無いとおもいます。

活性化アイテムも全く使ってないので・・・。

取り合えずこれで終盤まではアイテムは作成しなくても良いです。







COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。