グルメ.料理

十三一人飲み~しょんべ横丁~

今回はいきなり北摂地域の十三で飲み歩きしていきます。

というのは人事異動で豊中に転勤になったからです、

元々東淀川に住んでいたのでかって知ったる地域。

今回は色々な意味で十三地域を散策します。

それでは早速行ってみましょう♪

しょんべん横丁とは

しょんべん横丁とは大阪の十三にあるなんとも言えないレトロ感満載の飲み屋通りです、

場所は阪急電鉄十三駅西口を降りてすぐ。

ちなみに今回紹介するのは厳密に言うと【中筋】と呼ばれる場所です。

大阪に住んでいる方ならご存じだと思いますがこの場所2014年に火災で全焼しています。

この時期うちは和歌山に居たのですがかなりの衝撃を受けました。

その後地域のみなさんの手で復興し、コロナ過の今元気に昔の活気をとりもどしています。

折角北摂に戻ってきたのですからここを最初に飲み歩かないと罰が当たります。

ただ実際訪れてみると昔とかなり変わっています。

知っているお店といえば【十三屋】【平八】【ふぐどんふかどん】後は高い焼き肉屋とかすうどんのお店ぐらいで正直ビビリました、

ホルモン焼きの【大安】さんや【トリス】のお店とかは無くなってますね。

これはこれで衝撃でした。

この地域は基本夜からの地域なのですが、今回は日曜日の昼飲みを決行!

案の定【ふかどん】さんとかは開いていませんが6年前の記憶をたどり探索していきます、

平八

①カオスな店内

【三島平八】では無いです。

串カツのお店です。

入っても【超ぱちき】は出てきませんのでご安心下さい。

しかし日曜日といえコロナ過の中人が多いですね。

ソーシャルディスタンスってなに?ってな感じです。

店内に入るとかなりの満席状態。

人気絶頂で一安心。

そしてこのソース入れ

難波や他の串カツ店では廃止になっているこのシステム。

そして灰皿も完備。

コロナなんか知りません。

禁煙っておいしいの?と言わんばかりのこのスタイル。

これこそ西成とは又違う場末感漂う最強下町十三!

これだけでテンション爆上がりです♪

②ガン無視されるスタイル

店内に入ってももちろん歓迎のあいさつも無し。

というか店内修羅場。

ここでカウンター席ではなくテーブル席があいていたので勝手に着席。

そして瓶ビールを注文。

ほんまに忙しそうです。

出てきたビールですが微妙にぬるい。

なんかこのテキトー感もほんまにしょんべん横丁っぽくていいですね。

でも当然の如く『おばちゃん。ビールぬるいわ』って言うと新しいビールが。

冷えたやつあるんかいと思いつつも最初のビールはサービス

これが十三なんです。

③串カツとポテトサラダ

ここは串カツのお店ですが、実は【おでん】が美味しいです。

今回はたのみませんでしたが・・・。

取り合えずはアテに【ポテトサラダ】を注文。

この良い意味での安っぽさ。

基本下町の居酒屋で【ポテトサラダ】を頼めば大概外れ無しです。

うん。

上手い。

そして串カツを頼むとおばちゃんがなんと『盛り合わせでいいよね』の一言。

選択肢すらないのも十三スタイル

なんかこれが凄く心地いい。

そして出てきた盛り合わせ。

値段わからんのやけど。

でもうまい!!

新世界の串カツと違い衣が固めでガッツリ系。

【たまねぎ】がヤバイぐらい美味い。

ビール2本飲んでるのに追加で【焼酎麦ロック】をたのんでしまいました。

流石にこれ以上居るとこの店だけで終わりそうなので次の店に行く事にします。

十三屋

①ぬし

ここは十三しょんべん横丁。

入ってすぐにかまえるこのお店。

火災の前から鎮座するしょんべん横丁のぬしです。

ただ在は東口に移転しているのですが・・・。

最初入ろうと思ったのですが満員だったので断念。

先に【平八】に行ったあと訪れると2席ほどあいていたので滑り込みます。

ソーシャルディスタンスっていったい・・・

店内はおっちゃん率80%越えですね。

会話もほとんどが【競馬】【競艇】【パチンコ】の話。

これですよこれが十三なんです。

まあ女性一人で入るにはかなりの胆力が要りますが。

後ちなみにここのお店は【じゅうそうや】では無く【とみや】と読みますのであしからず。

②ハイボールダブルとかにみそのコラボレーション

まずは飲み物。

ここは2倍の値段になりますが【ハイボールダブル】を選択。

いわゆる濃いやつです。

まあ【アル中カラカラ】には全然及びませんがウイスキーの味がしっかりします。

うめなー。

そしてアテは400円の【かにみそ】をチョイス。

実はここのオススメは【ポテトサラダ】なんですよ。

でも【平八】で食べちゃったし・・・。

ただここの【かにみそ】はグレード高いです。

カニ身が入っているので・・・。

③なぜかウナギ

ここのお店こそ【おでん】が絶品。

ただ【ハイボールダブル】2杯目のうちはとなりのおっちゃんが食べている【ウナギのかば焼き】がすごく美味しそうにみえてしかたありません。

ここでなぜか600円の【ウナギのかば焼き】を注文。

自分でも何故かわかりません。

たしかに少し油も薄く、身もふんわりしていませんがタレが美味いです。

てか一切れ200円と考えるとコスパ高めです。

これはこれでありですね。

ちなみ十三では普通に食事していると『にいちゃん。これ何喰ってんの』といきなり声かけられます。

これも最高の調味料。

まあ女性の方にはウザイかも知れませんがこの場末感が明日への活力に繋がります♪

④十三屋で必ずたべないといけない物

良い感じでホロ酔いになってきました。

ここでシメル事に。

頼んだのは【ミンチカツ】200円。

【ミンチカツ】と【メンチカツ】の違いは分かりません。

このメニューは昔からあり、うちも必ず頼み隠れた最高傑作品です。

卓上の【ウスターソース】をドバドバかけてパクリ。

ヤバイ。

これ相変わらず最強レベル。

これ1個で生中2杯はいけます。

久々に食うと涙出てきそうになりました。

多少美化しているかもしれませんが最強の一品です。

ちなみに2個・3個喰うと死にますので1個にするのがオススメです。

どたぬき

①知らないお店

このお店は知りませんでした。

もしかしたら昔からあったかもしれません。

ただ客入りは【平八】や【十三屋】よりすいていてなにより店頭にメニューが張り出してあるのが良いですね。

そういえば海鮮系を食っていなかったので刺し身に惹かれていざ入店。

なかなかいい雰囲気の場末感。

相変わらず会話は【競馬】の話。

まあ日曜日やからしゃーなしか。

大将は見た目怖そうでしたが、大将みずから注文を聞いてくれてなんか良い感じ。

これは当たりっぽいです。

②サシウマイヨ

取り合えず【ハイボール】を注文。

ダブルでは無いのですこし薄め。

そして【カンパチの刺し身】となぜか【ポテトフライ】を注文。

流石に結構飲んでるのでまあ酔ってますね。

それでもわかる美味いやつやん。

肉厚でうま味たっぷり。

これは当たりです。

【フライドポテト】もうちが好きなタイプ。

マクド式ではなくモスバ式です。

思わず【ハイボール】おかわりです。

③ああ十三や。

そして引き続き【だし巻き玉子】を注文。

これも丁寧に作られています

良い仕事してます。

この界隈の大将の料理の腕は凄いですね。

まあだからこれだけ繁盛しているのでよう。

そして気になる200円の【あじのあらの塩焼き】を注文。

これや。

これこそが下町の味。

正直身と呼べる部分は殆どなく骨をしゃぶり焦げた皮を酒で流し込む

目玉も躊躇なく食す。

これはヤバイ。

人生について考えさせられるひととき。

でもさすがに飲みすぎ喰いすぎでこのままでは路上睡眠まったなしなので流石に引き上げる事に。

いやはや大満足でした。

まとめ

超ひさしぶりの十三一人飲み。

結論から言うと相変わらずヤバイですね。

値段的には天王寺や西成には劣るものの兎に角街の雰囲気が良いです、

まあもう少し酒が安ければなお良しですが。

ただここの本番はやはり夜から。

今度機会があれば夜の十三も飲み歩きたいと思います。

まあホルモンもまだ食ってないですし、【波平通り】なんかも紹介したいですね。

西中島や梅田、地元庄内に東淀川とオススメがありすぎて迷いますね。

たまにはゲームから脱線してこんなブログも上げていきますのでよろしくです♪

 

ハイボールと海鮮で一杯いかが?







COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です