アトリエ

アトリエ考察⑦~ソフィーのアトリエ~

今回より新シリーズ【不思議シリーズ】の作品紹介になります。

その第一弾はもちろん【ソフィーのアトリエ】ですね。

前シリーズとは又ガラっと雰囲気が変わりました。

そしてなによりこの【ソフィー】というキャラはアトリエシリーズでも屈指の人気キャラなんですよね。

と言う訳で今回も個人的独断と偏見に満ちたアトリエ考察。

それではスタートです。

ソフィー攻略【ソフィーのアトリエDX】攻略まとめになります。 基本のストーリー攻略と調合・やり込みに分けて説明していきますので、是非参考にして...

ソフィーのアトリエとは?

2015年11月19日にPS3ソフトとして販売された【ソフィーのアトリエ】

アトリエシリーズ正規ナンバリング17作目で正式名称は【A17 ソフィーのアトリエ~不思議な本の錬金術士~】になります。

【黄昏シリーズ】同様に地名では無くテーマが副題になっていますね。

今シリーズは不思議という冠名が付く事から【不思議シリーズ】と呼ばれています。

そして気付いた方もおられるかと思いますが、今作は11月販売と今までの6月販売から変更になっているんですよ。

この辺りは【コーエー・テクモ】の意向もあったのかもしれません。

では【ソフィーのアトリエ】の売り上げ本数は?

初週の売り上げ本数は68,000本と中々の売り上げを誇ります。

販売時期もあったかもしれませんが、前作【シャリーのアトリエ】が大きく売り上げ本数を落としていたのを考えると作品としてかなりの良作であると判断されていると思います。

ソフィーのアトリエの内容

まずこの【不思議シリーズ】は前作【黄昏シリーズ】からガラっと雰囲気が変わった作品になります。

前作では人類が滅びいく世界でのお話でしたが、今作はな~んの危機も無い昔ながらのアトリエの世界になっています。

物語のストーリーはアトリエの中で見つけた喋る本【プラフタ】を元の姿に戻す事が目的となります。

また、今作にもきちんと【ルアード】というラスボスが存在しています。

個人的な見解としてアトリエに時系列があるとすると、錬金術が最も栄えた時代がこのシリーズで【アーランドシリーズ】より前の時代の話になると思っています。

そして前作同様に今作にも時間制限が無く、思いっきり調合を楽しめる仕様になりました。

難易度自体は普通にトゥルーエンドを目指すには問題ないですが、今作よりやり込み要素がかなり強化されていて最高難易度で隠しボスを倒すのはかなり骨が折れます。

ただ有料DLC専用のシナリオや素材があるのでこの辺りは少しげんなりとした記憶がありました。

ソフィーのアトリエの特徴

一番の特徴はやはり調合システムですね。

正直アトリエの調合システムは【アーシャのアトリエ】で最終段階にまでたどり着いてしまったと思っています。

そこで今作より【パネル錬金】という全く新しいシステムが登場します。

まあ最初という事もあり、不便に感じる事もありましたがシリーズが進んで行くとブラッシュアップされてドハマリする調合システムになっていきます。

正直、個人的にはこの【パネル錬金】には目からウロコでした。

調合システムはアトリエシリーズでも根幹になる部分です。

それをここまで一気に変更する英断には尊敬しかありません。

流石ガストちゃんです。

同様にアイテムのレシピを発想していく事で物語が進んで行くシステムになっており、前作のように無理矢理メインシステムを組み込んでいないのが確実にプラスになっています。

戦闘システムも【黄昏シリーズ】のシステムを更にブラッシュアップして新しく【チェインゲージ】の概念がプラスされました。

同時にサポートガードも事前に攻撃か防御かを選べたりと純粋に利便性や戦略性が強化されています。

それに先頭への参加人数も4人に増えて爽快感が増したイメージがありますね。

只、今作は時間の概念に加えて曜日の概念がプラスされており、特定の時間・特定の曜日にならないとキャラクターイベントが発生しなかったりと時間制限が無いものの人によっては少しストレスが溜まる仕様になっています。

後今作はアトリエシリーズではお馴染みのバグが結構多発しまくりました。

特に簡単に品質999の防具が作れたりと致命的な内容も散見される始末。

まあ、この辺はアトリエあるあるなんで大目に見ましょう。

ソフィーのアトリエの魅力

特徴の所で説明しましたが、やはり調合システムが一番の魅力となります。

仕様する釜によって置けるパネルのマス数が増えたり、パネルの向きを変えれたりとかなり斬新なシステムに生まれ変わっています。

パネルという事で視覚的にも分かり易くなったのも良いですね。

普通にパネルを埋めていく作業は中毒性があります。

そしてアトリエシリーズのウリであるキャラクター。

今作は【NOCO】さんと【ゆ~げん】さんがデザインを担当されています。

今では当たり前になっている縦型プニもこの作品からでしたね。

更には幼馴染枠にはイケメンな男性ではなくわがままボディの【オスカー】君が担当するなど色々な意味で挑戦的な作品でした。

もちろんキャラクター人気も凄まじく主人公の【ソフィー】は人気投票で第一位を獲得しています。

そしてこのシリーズでは【アーランドシリーズ】から久々に【パメラ】さんも復活。

その他にも【コル】ちゃんこと【コルネリア】という人気キャラも誕生しました。

その分この【不思議シリーズ】はギャルゲー的な要素が増えてしまい少しストーリー進行のスムーズさが阻害されている一面もあります。

まあそれを差し引いても良作である事は間違いないですね。

まとめ

今作はアトリエの雰囲気を残しつつ、システムを思いっきり変更させた革新的な作品でした。

そんな【ソフィーのアトリエ】のうち的評価は100点満点で90点です。

少しイベントがクド過ぎるのがもったいなかったですね。

あくまで個人的な意見なのでご了承下さい。

そんなわけで一応個人的採点は

ストーリー     ★  ★  ☆  ☆ 
システム     ★  ★  ★  ★
難易度   ★  ★  ★  ☆  ☆
中毒性   ★  ★  ★  ★  ★
オススメ度     ★  ★  ★  ★

と言った感じですね。

是非参考にしてみて下さい♪

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。