ゲーム

サムスピ攻略 色の使い方②にわかです。

今回はにわかによる、にわかの為の【色】の使い方を見ていきます。

このキャラ使ってみて改めて思います。

上級者向けです

ぶっちゃけ全然勝てません。

基本ダッシュからの防御崩しがメインになるんですが、やはり牽制が弱いのか結構苦しいです。

それでもうちなりの【色】の使い方をまとめてみましたので参考にして下さい。

色の性能とやる事

まずはしつこいようですが【色】の性能から見ていきます。

このキャラは圧倒的なリーチがある通常技も無ければ、強力なジャンプ攻撃も持っていません。

よって必然的にダッシュ・バックステップを多用して、機動力で攪乱するタイプのキャラになります。

【ナコルル】とかと同じタイプですね。

今回の調整で明らかにダッシュスピードが早くなっていますので、相手の攻撃をバックステップ等で躱してからダッシュで攻撃するのがメインとなります。

そして【色】の最終目的は中斬り→露祓→雫狩の連続技を叩き込む事になります。

相手の攻撃の隙に遠目から中斬りで差し込んでもこの連続技繋がります。

以前まで【怒り爆発】で抜けられてましたが、今回から抜けられる事も無くなり安定してダメージを稼ぐ事が出来ます。

又、中斬りが届かない間合いでもダッシュ中斬りにキャンセルが掛かる為、ダッシュ中斬りから同様の連続技を入れる事が出来ます。

又、防御崩しからも安定してこの連続技を入れる事が出来ます。

もちろん【怒り頂点】中なら武器飛ばし必殺技が同じように連続技として使えます。

よってまとめると、【色】は機動力を活かして相手の攻撃を躱したり、ダッシュからの防御崩しを入れて連続技でダメージを取っていくキャラになります。

うん。

上級者向けですね。

立ち回り

うちがよくやる基本的な立ち回りです。

基本は中間距離での牽制がメインになります。

防御一筋

開幕ぐらい距離が一番選択肢があり、【色】が得意とする間合いになります。

丁度立中斬りの先端が当たるような間合いです。

今回立中斬りが強化されていますので、この距離なら差し合いもある程度出来ますがやめておいた方が良いでしょう。

この距離での選択肢はバックステップです

おもむろにバックステップをし、相手の動きを見ます。

相手が中斬り等の技をスカっていたら、中斬りだ差し込み連続技を決めます。

相手が飛んで来たら、【天咆輪・陽】で落します。

基本はこの行動になります。

完全待ちプレイメインの迎撃型です

これを徹底するだけでまあまあ勝率上がります。

ただ当然相手も垂直ジャンプや、ダッシュを混ぜて攻撃していきます。

垂直ジャンプは読んでいれば大・中【蓮華舞・忘鐘】で叩き落とせます。

ただ出るスピードが遅い為、ある程度先読みの要素がありますが、選択肢としては悪くないです。

もちろんダッシュ中斬りでも落とす事が出来ます。

相手がダッシュで攻撃してきた場合は、中斬り・足払いで止める感じになります。

今回からジャンプ攻撃が地上の相手に当るようになったので、垂直ジャンプするのも一つの手です。

攻撃特化

当然対応しているだけで勝てる程甘くはありません。

【色】としてもある程度攻めていく必要があります。

一番の選択肢がダッシュになります

兎に角ダッシュが速いです。

そこからの防御崩しを狙うのが目的になります。

当然簡単に防御崩しを入れられないので、ダッシュ蹴りで牽制します。

これのめり込まない限り、手痛い反撃を喰らいません。

むしろ【天咆輪・陽】があるので、手出しされ難いです。

この技をガードさせてから、不意打ちと足払いの2択をかけていき、相手が固まったら防御崩しを狙う形になります。

ただ、相手もバックステップで距離を調整したり、牽制技を置いてくると思います。

この辺りは読み合いになりますが、ダッシュ中斬り・大斬りで潰していく形になります。

特にダッシュ大斬りは空中の相手にも3発ヒットしますので、相手の行動を咎めるのに最適な技になります。

特にバックダッシュを刈れるのがデカイです。

ただのめり込んでガードしてしまうと、中斬り以上の反撃を喰らいますので間合い調整は必須です。

ダッシュ中斬りは相手の垂直ジャンプに合わせる感じになります。

大斬りだと相手のジャンプを落とすのに、高度が足らない場合に使用します。

ダッシュ蹴りも含めたこの3つの行動で相手の動きを止めていくのがメインになります。

後、今回からジャンプ攻撃が地上の相手に当るようになっています。

特に相手の頭の上に落ちるような感じで、ジャンプ大斬りを重ねると正面とめくりの2択になる為非常に有効です

それでも【色】のジャンプ攻撃自体落とされ易いので、多用は禁物です。

やはりダッシュスピードが上がったのでかなり攻めやすくなっています。

この為守備と攻撃のスイッチを切り替えて立ち回るのが、一番重要だと思います。

その他・連携

立ち回りを見ていもわかる通り、読み合いでの駆け引きがかなり多くなるキャラです。

そんな中で使い易い連携や注意点等をまとめてみました。

ダッシュ小斬りからの連携

今回ガード後の硬直が減ったダッシュ小斬り。

中間距離からいきなり出すと結構入ります。

更にこの技はキャンセルが掛かります。

そこで、相手にガードさせてからキャンセルで択攻撃が出来ます。

まずはキャンセルして【蓮華舞・忘鐘】を出します。

これ中段攻撃なので相手がしゃがんでるとヒットします。

又、ガードされても大きな反撃を喰らわないので非常に有効な技になります。

ただ出るスピードが遅い為、無敵技等で割り込まれる事はあります。

そしてこれてと対になるのが【蓮華舞・昇華】です。

これは移動投げ技で立っている相手を投げる事が出来ます。

よって純粋な2択になります。

これにキャンセルしての【天咆輪・陽】を混ぜる事で、相手の反撃を潰す事も出来ます。

少し博打要素がありますが、全然選択肢としてアリです。

ただ、この連携ですが避けをされると全部躱されます

それでも【蓮華舞・忘鐘】だと避けられても反撃を受けませんので優秀な連携ですね。

起き攻め

一回ダウンを取ったら、起き攻めを仕掛けます。

基本は足払い重ねるてからの不意打ちが非常に強力です。

不意打ちヒット後は隙は互角になりますので、ここからもう一度足払いに繋ぐかそのまま防御崩しを入れるのが良いでしょう。

相手がジャンプしたり、反撃してくるのが読めたらもちろん【天咆輪・陽】で刈り取る形になります。

もう一つは直に【蓮華舞・忘鐘】を重ねる方法です。

これ強力です。

なぜなら、技の発動までに微妙な間がある為ガードし難いのです。

もちろん足払いとの純粋な2択になります。

ただ、のめり込み気味にガードされる事が多いので、反撃を喰らうのは覚悟しておく必要があります。

刹那ひっかけ

今回隙が減少した移動技【刹那】。

この技を使った引っかけです。

まず、何かの技をガードさせて後ろに下がる【刹那】を出します。

この行動をわざと数回繰り返します。

相手がこの【刹那】に対して、ダッシュ等で間合いを詰めてきたりしてきたらチャンスです。

今度はいきなり前の【刹那】を出して防御崩しを連打すると炸裂します

勿論何かの攻撃を出されていると【刹那】出現時に攻撃を喰らいますが、結構入りますね。

もちろん博打技なんで多用は厳禁です。

まとめ

今回【千両狂四郎】と同様に大幅強化されたキャラになります。

ダッシュのスピードが速くなったのと、ジャンプ攻撃が使えるようになったので普通に立ち回る事が出来るようになりました。

地味に中斬りからの【露祓】連続技が【怒り爆発】で抜けられなくなったのもかなりプラスです。

元々連続技は強力なキャラなので相手に与えるプレッシャーもかなりのものですね。

【色】というキャラが好きで使おうと思っている人にも、バージョン前のような絶望感はほんまに無くなりました。

ただそれでもやはり読み合いの要素が多い為、上級者向けのキャラには違いないです。

是非この機会に試してみて下さい♪

 

サムスピ攻略 サムライスピリッツ【シャルロット攻略】記事まとめになります。 ご参考に ●基本編 ・サムス...

 







 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です