ゲーム

ライザのアトリエ2攻略 やり込み編⑦ 最強アポカリプス

本当の最強攻撃アイテム【アポカリプス】を調合していきます。

バグ性能の【ローゼフラム】を除くとこの攻撃アイテムが現状一番強いですね。

前作での最強攻撃アイテム【賢人の法典】の上位互換になります。

エボルブリンクで作成出来る唯一まともなアイテムでもあります。

それでははりきって作成していきます。

■攻略まとめはこちらから■

ライザ2攻略☆初週売り上げ15万本☆ ライザのアトリエ2攻略まとめ記事です。 本編攻略とお馴染み錬金術を紹介していきます。 ひと夏...

アポカリプス

まずは【アポカリプス】さんで発現させる効果一覧です。

①崩壊の真実

②混沌の真実

③吸魂の刻字

④太陰の挿絵

見てもらえば分かる通り、ベースになる【賢人の法典】の最大効果を全て発現したものになります。

しかし名前が厨二感炸裂していますね。

効果内容は下記の通り

①崩壊の真実

火・風属性のダメージを与える・現在のCCが高い程威力が上がる

②混沌の真実

氷・雷属性のダメージを与える・現在のCCが高い程威力が上がる

③吸魂の刻字

無属性のダメージを与え、全能力を低下させる

④太陰の挿絵

使用時にHPを10%消費する

ベースは4属性の攻撃になります。

よって【四精霊のアミュレット】を装備すればCCが1で使用できます。

ただ使用時にHPが10%削られてしまうのが少しマイナスですが威力は申し分ないです。

地味に【吸魂の刻字】の効果が優秀です。

特性の抽出

付与する特性ですが【破壊力上昇++】【クリティカル++】【少数ボーナス++】を採用します。

こちらは前回作成している【中和剤・青】をそのまま使用します。

そしてこの【中和剤・青】を使用して【精霊の小瓶】を作成します。

今回【精霊の小瓶】大活躍やな。

調合はお馴染み【極霊のエッセンス】を使用して属性値を稼ぎます。

調合を楽にするためにも【属性値+3】は発現させておきましょう。

効果2に【雷のエッセンス】を投入すればOKです。

後は花カテゴリーのサークルに3特性が付与された【中和剤・青】を使用するだけです。

後、EV効果はいつも通り【暴撃の烙印】を使うので前回作成した【オメガクラフト】も準備しておいてください。

セイントダイヤの調合

地味に品質999で作っていなかった【セイントダイヤ】さん。

こちらは【ルナーランプ】を作成する際に固定素材として使用します。

ただ属性意外は結構優秀なので作成しておいて損はないですね。

一応こんな感じで作成しています。

属性:氷・風

属性値:8

カテゴリー:宝石・神秘の力

効果:品質上昇+20・属性値+3・影響拡大+2.神秘の力付与

特性は一応品質上昇系を付けています。

それでは調合タイムです。

まあ毎度ですが属性値が足らないので【極霊のエッセンス】を使用します。

次に固定素材の【聖樹結晶】を効果1にほり込みます。

こいつは【影響拡大+1】が付いたものを畑から入手しておきましょう。

種は【神秘の種】から入手出来ます。

次に品質のサークルに品質999の【中和剤・青】を投入します。

特性枠には【聖石の欠片】を投入。

これは【水精霊の隠れ郷】でとれたものでも畑で採取したものでもどちらでも構いません。

次に効果1のサークルにも同様に【聖石の欠片】を投入。

そしてぷにぷにカテゴリーの品質サクークルにようやく【古の賢者の石】を投入します。

これで下半分の属性値が一気に貯まります。

同様に特性枠にもとどめの【古の賢者の石】を投下!

上に行って効果2のサークルに【聖樹結晶】をほり込みます。

気体カテゴリーの品質サークルには手持ちにあった【ミックスオイル】を使用。

簡単に作成出来ると思いますが属性値は4の物を準備しておいてください。

効果3のサークルには【風のエッセンス】をまず投入します。

その後【聖石の欠片】をほり込んで【影響拡大+2】を発現。

【極霊のエッセンス】のお陰で2つ程で属性値が貯まると思います。

そして効果2に【氷のエッセンス】を投入して【属性値+3】を発現。

最後に何故か忘れていた効果4のサークルさん。

ここには【ミックスオイル】あたりをぶち込んでおきましょう。

これでようやく【セイントダイヤ】完成です。

意外と長かった・・・。

ルナーランプの調合

次にエボルブリンク用の【ルナーランプ】を調合します。

これどこの効果を上げればいいかわからんかったので全ての効果を上げています。

下記効果を発現させています。

①明月の灯:無属性ダメージ+行動順を遅らせる

②暗闇の誘い・超:高確率で暗闇状態にする

③薄らぐ輪郭・大:高確率で即死させる

④ 茜さす月夜:使用時HPを20%消費

効果はイマイチですね。

使用アイテムとしては使えないやつです。

それでは調合していきます。

まずは効果1のサークルに先ほど作成した【セイントダイヤ】を投入します。

次に特性枠には【ぷにレザー】を投入。

これはクリアー前に調合したもので構いません。

更に効果2には固定素材の【聖なる雫】を投入します。

こちらは属性値が4以上の物を調合しましょう。

特性枠のサークルにはお馴染みの【賢者の石】を投入します。

次に効果2の竜素材には品質999の【マスターレザー】を投入。

その先の効果2のサークルには【セイントダイヤ】を2個入れます。

品質のサークルには【英霊の魂】を投入。

こちらは敵からのドロップより【神秘の種】から採取したものの方が属性値が高くて良いです。

効果1のサークルには【聖なる雫】を2個投入。

効果3のサークルには一気に属性を解放させるために【湖底のぬし】を投入。

こちらも出来れば【水の種】から採取した属性値5以上の物を使用しましょう。

効果3のサークルには固定素材【セイントダイヤ】をほり込みます。

最後に効果1のサークルに【火のエッセンス】、効果2のサークルに【氷のエッセンス】を投入して効果を発現させます。

これで【ルナーランプ】の完成です。

正直ここまで作り込む必要ないと思います・・・。

賢人の法典

【アポカリプス】のメインになる攻撃アイテム【賢人の法典】です。

こちらはきちんと作り込んで下記効果を発現させましょう。

①一ツ界の真理:火・風の属性ダメージ・CCが高い程威力が上がる

②混沌の真実:氷・雷属性ダメージ・CCが高い程威力が上がる

③吸命の刻字:与えたダメージに比例してHPを吸収する

④ 太陽の挿絵:使用時APを5使用する 

もちろん特性もこの段階できちんと3つ付けておきましょう。

まずは属性値の補填で【極霊のエッセンス】を投入します。

次に効果1のサークルに【賢者の石】を投入。

そして品質のサークルに先ほど作成した3特性が付与された【精霊の小瓶】をほり込みます。

これで3特性を引き継ぎます。

効果1のサークルには固定素材の【アルクァンシェル】を投入。

効果3のサークルにも固定素材の【守護者の堅甲】をほり込みます。

こちらは畑から【石の種】で採取した高属性値かつ、【影響拡大+1】が付与されたものを用意します。

効果4のサークルには固定素材の【竜肉】を2個投入。

しかし固定素材が多いな・・・。

効果4のサークルには【精霊の小瓶】を投入。

品質のサークルには【神秘の種】から採取した【影響拡大+1】が付与されている【エーテルコア】をほり込みます。

品質のサークルには【巨鳥の大卵】を投入します。

こちらは【砂獣のねぐら】にいる【ワイルドクレスト】を倒して入手しましょう。

特性枠のサークルにはお馴染み竜素材の【逆鱗】を投入。

レベルのサークルには【竜眼】を投入。

これら竜素材は【キングオブストーム】から入手できます。

ここまで来るとあと少し。

効果1のサークルに【アルクァンシェル】を投入。

つづいて同じ効果1のサークルに【雷のエッセンス】を投入して【一ツ界の真理】を発現させます。

そして効果2のサークルには【火のエッセンス】をほり込み【混沌の真実】を発現。

最後にCCを1つだけ解放。

正直どちらでも構いませんが今回は【永遠結晶】を使いました。

こちらは【石の種】から採取出来ます。

流石に最強攻撃アイテムという事で長かったですがようやく完成です。

これを更に上位互換にパワーアップさせます。

アポカリプスの調合

それでは【アポカリプス】の調合を行います。

ベースは【賢人の法典】に【ルナーランプ】を組み合わせてエボルブリンクで作成します。

一応こんな感じになります。

ここからリビルドで全ての効果を発現させていきます。

まず効果4のサークルに【アルクァンシェル】を投入。

次に効果3のサークルに【ビーストエア】をほり込みます。

そして効果3のサークルに【賢者の石】を投入します。

最後は効果1のサークルに【アルクァンシェル】を投入。

あ、忘れてた。

【賢人の法典】で解放出来なかったCCのサークルに【太陽の花】をほり込みます。

今作ではコイツはゴールドコインで交換するしか入手方法がありません。

これで全効果が発現した【アポカリプス】が完成します。

最後はエボルブリンクで【オメガクラフト】を合体させればOK。

これでEV効果【暴激の烙印】が付与されます。

苦労して作成しただけあって威力は申し分ないです。

特に【ライザ】ちゃんだと後術の武器や装備を整える事で最大火力を生み出す事が出来ます。

バグでは無く正規なので【ライザ】はバグ【ローゼフラム】よりこちらを3個装備した方が良いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です