アトリエ

アトリエ考察⑧~フィリスのアトリエ~

【不思議シリーズ】2作目になる【フィリスのアトリエ】。

アトリエシリーズ初のオープンワールドに挑戦した画期的な作品です。

その代わり色々な物を犠牲にしていましたが・・・。

今回はそんな【フィリスのアトリエ】を個人的主観によって紹介していきます。

あくまで個人的な意見なので参考として聞いて下さいね。

それでは始めて行きます。

フィリス攻略フィリスのアトリエDX攻略をまとめています。 是非不思議な旅のおともに♪ 本編 本編ストーリーの攻略一覧になります。 不思議...

フィリスのアトリエとは?

2016年11月2日にPS4ソフトとして販売された【フィリスのアトリエ】

アトリエ正規ナンバリング18作目にあたる今作。

正式名称は【A18 フィリスのアトリエ~不思議な旅の錬金術士~】です。

タイトルから分かるように今作のテーマは旅ですね。

テーマ的には【アーランドシリーズ】2作目の【トトリのアトリエ】と似ています。

そして今作の主人公【フィリス】と【トトリのアトリエ】主人公の【トトリ】とは共通点が結構多いんですよね。

不気味なぬいぐるみをカワイイといったり、致命的なネーミングセンスをもっていたりと・・・。

そんな【フィリスのアトリエ】の初週売り上げは44,000本と下落しました。

まあこれはプラットホームがPS3からPS4に変わったのが一番大きな理由です。

しかしこの作品は再びアトリエを冬の時代へと叩き込む問題作品だったのでした。

フィリスのアトリエの内容

まずは今作の簡単なストーリーから。

アダレット王国の隣国ラスティンにある岩石をくりぬいて出来た街【エルトナ】。

その入り口は大きな扉で塞がれており、認められた者しか外に出る事が出来ません。

外の世界に憧れる少女【フィリス】

そこに扉を破壊して現れたのは錬金術士の【ソフィー】だったのです。

という内容ですね。

【フィリス】は【ソフィー】に弟子入りして錬金術士となり、街の外を旅するという話です。

今作は前作【ソフィーのアトリエ】と違い、ラスボスも居なければ明確な目的もありません。

一応【公認錬金術士】になる目的がありますがこれは前半パートで後半はかなり自由に行動出来ます。

ちなみに前半パートは1年間の期限があります。

まあ普通に進めていれば問題無く1年以内に【公認錬金術士】になれるので実質時間制限なしと思ってもらって問題ないですね。

只、トゥルーエンドの条件はまあまあハードルが高いので後半パートはトゥルーエンドを目指して行動する形になります。

フィリスのアトリエの特徴

今作の一番の特徴はオープンワールドを採用しています。

その為、テントがアトリエ代わりになります。

まあ、テーマが旅なのでそんなに悪くないのですが・・・。

ただ正直言うとアトリエとオープンワールドの相性が悪すぎましたね。

新しい事へのチャレンジは凄く良かったんですが。

それに今作が致命的だったのが多発するバグです。

しかもいきなりゲームが止まるやセーブデータが無くなる、ゲームの電源が落ちるなど中々とんでもない内容でした。

バグに寛容なアトラー達も流石にまいりましたね。

後システムは基本【ソフィーのアトリエ】を世襲。

調合システムも【パネル錬金】を採用しています。

しかし今作は作成するアイテムに熟練度みたいな物が設定されており、熟練度を挙げないと特性が付けれなかったりパネルを回転させる事が出来なかったりします。

これまあまあダルいです。

更にこのシステムのお陰で今作は【量販店】が存在しません

その為、折角やりこんで作成した素材の在庫に常に怯える事になります。

特にやり込み調合では恐ろしぐらいの作業感が出てしまいました。

うちも【ハルモニウム】を何個作成したことか・・・。

システム的な面では少し残念な所が多い作品でした。

フィリスのアトリエの魅力

今作はやはりPS4になった事から各段にグラフィックが向上しましたね。

普通に綺麗でキャラもヌルヌル動きます。

後うち的には物語は前半と後半に別れていたのが良かったです。

それぞれ目的が定めやすく、それでいて昔のアトリエのように自由度が高い。

今作のテーマである旅を上手い事演出していました。

そしてもちろんキャラの魅力も各段にパワーアップしとります。

前作からギャルゲー要素が多くなっていましたが今作は更に加速していますね。

隠しボスまで萌えキャラになってしまいました。

又、ライバルの錬金術士として【イルメリア】というキャラが登場します。

このキャラと【フィリス】とのやり取りが非常に良いですね。

久々に百合要素も満載でした。

後は音楽がやはり秀逸ですね。

前作から引き続き【浅野】さんが担当されていてます。

今作のテーマである旅にふさわしい壮大な楽曲が多いのも特徴です。

まとめ

今回は【フィリスのアトリエ】について紹介しました。

正直難しい作品ですね。

新しい挑戦は素晴らしいのですが成功したとは言い難いです。

実際その後のアトリエにはオープンワールドは採用されていませんし・・・。

そんなわけでうちの評価は100点満点中75点ですね。

キャラや物語は悪くなかったのですがバグと【量販店】が無いのがストレスになりすぎました。

そんなわけで一応個人的採点は

ストーリー     ★  ★  ★  ☆ 
システム     ★  ☆  ☆  ☆
難易度   ★  ★  ★  ☆  ☆
中毒性   ★  ★  ★  ☆  ☆
オススメ度     ★  ★  ☆  ☆

と言った感じですね。

是非参考にしてみて下さい♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。