ゲーム

ネルケと伝説の錬金術士たち

 

こんばんは満月です。

巷では金曜日なんでみなさん明日、明後日はお休みですね。

安心してください。社畜に土日はありません。

明日も9時出勤です。

そんな限られた生活の中ひたすらはまってるのがこちらのゲーム。

ネルケと伝説の錬金術士たち(コーエーテクモ/ガスト)

それではタイトルどおりこやつをじっくりと楽しんで攻略しちゃいます。

そもそもアトリエシリーズとは?

このゲームを行うにあたってまず理解しておきたいのがアトリエシリーズ。

今年で22年を迎える長寿シリーズで、ゲームに少しでも興味ある方なら聞いた事があるはず。

アトリエシリーズとはガスト(ファミレスじゃないよ)という会社が作り上げた、錬金RPGというカテゴリーのゲームどす。

1997年5月に第一作であるマリーのアトリエが販売されてから現在まで続く脅威のシリーズなのです。

その後第13作目のメルルのアトリエで初めて単体出荷本数20万本を突破するものの、CEO問題等でコーエーテクモグループの傘下に入り現在では社内独立ブランドとして現在もばしばし新作だしとります。

アトリエ意外なら【アルネトリコ】や【夜のない国】が有名。

このブランドのゲームの特徴はとにかく丁寧で暖かい感じが強い作品を輩出し、大ヒットこそしないものの大崩れもしない会社です。

初期のフロムソフトウェアもこんな感じやったけどガストはこのままでいいような気がする。

あとはGSTとよばれるゲームミュージックの独立チームがあり、とにかく音楽が素晴らしく良い!!

ケルトミュージックを主体としたアトリエミュージックはヒリーングミュージックとしても需要ありますね。

実際ライブとかもしてますからね。

あ、ちなみにこの子が会社のキャラがすとちゃん。

守銭奴でネルケにも登場します。

一応ざーるぶるくの錬金術士だそうです。

そしてネルケってどんなゲーム?

そんなアトリエシリーズの20周年作品としてだされたのがこのゲーム!

しかし販売されたのは今年で22周年に。

もう一つの20周年作品ソシャゲのアトリエオンラインは昨年配信。

そう!

これがガストなんです!

販売日は90%遅れます

出荷本数は2月6日時点で31000本。

うーんいまいちな状況。

もう少し売れてもええと思うんやけどなー。

【ルルアのアトリエ】がこのあと3月に販売される影響もあるのかなー?

ちと残念なり。

話が逸れましたが、このネルケですが錬金RPGではなく街づくりSTGになっています。

簡単にいうとアトリエ版シムシティーです。

1ターンで平日パートと休日パートに分かれて100ターンでエンディングとなります。

このゲーム・・・・

難易度は高いです。

もともとアトリエシリーズは難易度が高いのですが、ネルケはきちんと考えてゲームしないと1週真エンドどころか100ターンまでもちません。

シャリーのアトリエ以降時間制限がなくなってヌルかったのですが、今回は課題が10個あってそれぞれターン制限がありなかなかの鬼畜となっとります。(特に課題8

よって以下の方には受け付けないゲームとなっています。

こんな人はネルケに向かない

1.シム系が苦手な人

2.計画を考えるのが苦手な人

3.爽快感を求める人

4.キャラの絵が苦手な人

5.作業ゲーに嫌悪感を持つ人

5.時間がない人

それ以外の人はぜひやってみてください!

次回から攻略開始します!!

 

https://michizukihitokake.com/%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%b1%e6%94%bb%e7%95%a5

 

 













 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です