ゲーム

フィリスのアトリエDX攻略 やり込み編⑫ クラフト

完全デバフ用攻撃アイテム【クラフト】を作成していきます。

殆どのメンバーが使用出来る事から【クラフト】を選んでいますがデバフ自体は特性によるものなのでどの攻撃アイテムでも構いません。

ただ作成難易度も低いのでうちは【クラフト】が一番だと思います。

てなわけで作成していきます。

フィリス攻略フィリスのアトリエDX攻略をまとめています。 是非不思議な旅のおともに♪ 本編 本編ストーリーの攻略一覧になります。 不思議...

付与する特性

付与させる特性です。

今作ではデバフはこの3特性で発生させる感じになります。

魂削り

最強のデバフ特性【魂削り】です。

こいつは相手のレベルを大きく低下させ、更に全ての能力と与えるダメージを低下させます。

控えめに言ってもぶっ壊れてますね。

もちろんミスになる事もありますがきちんと作用すれば恐ろしい効果を発揮します。

この特性自体レア特性ですが比較的入手しやすいです。

【南アオロ雪原】でマラソンしていれば勝手に入手していると思います。

無力の呪詛

次は【無力の呪詛】

こちらは名前のとおり相手の攻撃力を大きく下げます

正直下げ幅が中々強烈です。

今作では回避系の防具が無いので純粋に被弾するとダメージが強烈なので攻撃力ダウン系のデバフは必須となります。

一応はこれもレア特性になるのですが正直簡単に入手していると思います。

【旅人の雑木林】の方が出やすいかも?

無守の呪詛

3つめは【無守の呪詛】です。

こちらも名前のとおり相手の防御力を大きく低下させます。

これで素早さ以外は全て低下させている事になります。

防御力を下げる事によって相手の攻撃ターンを減らすのが目的でもあります。

こちらも比較的簡単に入手していると思います。

特性の抽出

まずは【魂削り】から。

こちらは水カテゴリーに付与されていました。

速攻で【蒸留水】に落とし込みます。

なんか意外と【地底の水】にやたらと特性が付いているような気がするなぁ。

次に【無力の呪詛】になります。

こちらも水カテゴリーに付与されていました。

なので問題も無く【蒸留水】に移し替えます。

早くも楽勝の予感。

最後は【無守の呪詛】になります。

こちらもラッキーな事に水カテゴリーに付与されていました。

なのでこちらも【蒸留水】に。

なんと3つとも簡単に【蒸留水】に出来ました。

ラッキーパターンですね。

後はこの【蒸留水】を使って【中和剤・青】に特性3つを纏めて移し替えればOK。

これで特性が3個付与された【中和剤・青】が完成します。

これで特性の抽出は完了です。

深紅の石と砂鉄触媒の作成

次に品質999の【深紅の石】と【砂鉄触媒】を作成します。

まず【深紅の石】ですがこれはループ調合で品質を上げていきます。

というか一度作成していますね。

なので今回は量産の仕方です。

ます品質999の【錬金粘土】【深紅の石】を用意します。

次に触媒に【ドンケルハイト】を準備。

後はサイズ8異常緑色の【うにゅ】か【ミツバチの巣】を【聖地ベスティエ】で採取しておきます。

これで固定素材の【精霊石】で青色のボーナスパネルを埋める事で一気に5個作成できます。

同時に品質+20も埋めておけば余程の事が無い限り品質999で作成出来ると思います。

次に品質999の【砂鉄触媒】を作成します。

こちらは品質999の【インゴット】【中和剤】を使えば問題無く作成出来ると思います。

これで品質999の素材が2つ出来上がります。

うに袋の作成

次に固定素材の【うに袋】を作成します。

これ地味に品質999にするのめんどくさいですね。

まずは上記作成した品質999の【深紅の石】を用意。

次に調合で品質999の【ソウルストン】を作成します。

こちらは品質999の【ゼッテル】と【蒸留水】を使えば作成出来ます。

後は【聖地ベスティエ】で品質300近い【うに】を採取しておけばOK。

これで品質999に出来ます。

折角作成した貴重な【深紅の石】を使うのは少し気が引けますが・・・。

クラフトの作成

素材がそろえば【クラフト】の作成です。

効果は発現させる必要はありません。

まあ【打撃ダメージ・強】くらいはあってもいいかもしれません。

基本は特性によるデバフがメインの攻撃アイテムになります。

ただこれらの特性によるデバフは大体5ターンで解除されますので、戦闘開始時はもちろんそれ以外でもこまめに【クラフト】を投げるようにしましょう。

それでは使用する素材です。

まずは上記作成した固定素材の【うに袋】

そして同じく作成済みの【砂鉄触媒】【深紅の石】を用意。

最後に特性が3つ付与された【中和剤・青】を準備すればOKです。

触媒には久しぶりの【連岩】を使います。

これで作成数を増やすようにしましょう。

効果は発現させる必要が無いので調合自体は適当にやってかまいません。

これで攻撃系のアイテム作成は全て終了です。

次回から回復系アイテムの調合をやっていきます。

しかし量販店無いとほんまに厳しいです・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。