ゲーム

ライザのアトリエ2攻略④ 二つ目の遺跡

本編に入る前に。

【ライザのアトリエ2】初週の売り上げが出ました。

15万本です。

もちろん前作【ライザのアトリエ】や【メルルのアトリエ】の8万本を大きく超える結果に。

事前の盛り上がりも凄かったですし、TVCMなんかの影響もあったと思います。

それにしても本当に嬉しいです

【アトリエ】シリーズがこんな日の目を見る時が来るなんて。

ほんまに感謝感激です。

どこまで記録を伸ばすか今から楽しみすぎます。

それでは【ライザ2】攻略本編やっていきます。

■攻略まとめはこちらから■

ライザ2攻略☆初週売り上げ15万本☆ ライザのアトリエ2攻略まとめ記事です。 本編攻略とお馴染み錬金術を紹介していきます。 ひと夏...

風鳴り谷~シルム湿原

まずは【タオ】が学園で次の遺跡の情報を見つけてきます。

てか【ライザ】が来る前にもっと調べておけよと思いつつ、その新しい遺跡を探す事になります。

ヒントは渓谷にあるらしく、街道の北東にある【風鳴り谷】に向かう事になります。

最初のマップは【シルム湿原】

マップで見ると簡単そうですがここなんか複雑に入り組んでいます。

特に川と板張りのロッジ風建物のせいで同じところをグルグル徘徊させられました。

しかも岩に張り付いているツタみたいなものを登っていかないと抜ける事ができません。

敵も微妙に強いし・・・。

なかなか骨がおれました。

ただ【薪割り斧】と【採取スキルアップ】系のおかげで新しい素材がガッリと入手出来ました。

ここはLV上げも兼ねてじっくり進む事をオススメします。

ヴィントミューレ渓谷

【シルム湿原】を抜けると今度は【ヴィントミューレ渓谷】に出ます。

こちらは見た目通り簡素なマップ構成ですね。

特にギミックも無くサクサクと進めると思います。

宝箱が2ヵ所ありますが、1か所はロープが無いと無理なので北東の宝箱から【ゴールドコイン】を入手しておきましょう。

途中フィールドに大きな黄金色の岩があります。

新しい素材である【琥珀の欠片】【琥珀の水晶】、そして攻撃アイテム【オメガクラフト】作成に必要な【エンバーストン】が入手出来ます。

マップの出入りで復活するのである程度回収するようにしましょう。

その他にも雷属性の石【イナズマ鉱】や【エメラルドグラス】【植物油】なんかも入手出来るので素材集めにはもってこいの場所になります。

後マップで記載してある細い道は下記のようなアクション演出で抜ける事が出来ます。

しかしこんな道を進んでいる時点で普通の女の子では無いですね。

なんだかんだ北西の目印まで抜けると2つめの遺跡への入り口にたどり着きます。

物語を進めるといいつつもうちはここで結構LV上げと素材回収していました。

仕事しながらなんでプレイ時間が足りないです・・・。

2つ目の遺跡

さて遺跡の入り口を見つけると【フィー】が活性化?します。

やはり何か関係がありそうですね。

そして最初の遺跡で見つけた鍵を使う事で入り口が開きます。

2つ目の遺跡【地下乙女の墓所】です。

アトリエシリーズお馴染みの墓所系マップですね。

ただ今作では幽霊系のモンスターは出てきません。

【墓所=ゴースト=ペンデローク】がアトリエの定番でしたが・・・。

そして中に入ると当然のように【羅針盤】が反応します。

ただなんか様子がおかしいみたいです。

そしてここでいきなりチュートリアルが。

なんか初めて入った遺跡では【羅針盤】がきちんと機能しないみたいで、ある程度マップを徘徊する必要があるようです。

まあどちらにしても片っ端から探索するつもりなので問題無いです。

よってこのチュートリアルは完全無視しておきます。

ここまで来るまでにある程度LV上げをしていたので結構サクサク進めますね。

後【赤ぷに】が敵でいますのでコイツは討伐して【ぷにぷに玉・赤】を入手しておきましょう。

【ネクタル】を始め調合素材として使えます。

後ここでは結構宝箱が点在しています。

中身は装備系が多く、ぶっちゃけある程度装備作り直した後なので残念な結果になってしまいました。

このまま一気に進めようと思ったのですが、カゴが一杯になったので強制的に町に一旦戻る事に。

そうやった。

カゴの容量がショボイ事を今思い出しました・・・

一度王都に帰還

てなわけで一旦王都に戻ると当然の如くイベントラッシュが待ち構えています。

【アーランド】以降の近代アトリエはほんまにイベントを乱発しますね。

内容的には悪くないのですが、物語の本筋が一度途切れてしまう感じが残念です。

という訳で今回も主要なイベントだけ回収しておきます。

ボオスイベント

勉強で疲れ切っている【ボオス】くんにお薬を持って行くイベントです。

まあこれもアトリエの定番イベントですね。

ただこのお薬というのがクセもの。

うち的にはてっきり【ネクタル】だと思っていたのですが全然違いました。

それは【魚油リキッド】というアイテムでした。

これは【レシピ派生】のツリーを開放し、【グラスビーンズ】からレシピを開放する必要があります。

書き忘れていましたが結構SP貯まりまくっていたのでちゃっかり【レシピ派生】GETしていました。

まあ後は適当に作成すれば問題なし。

ていうか序盤で作成できる薬カテゴリーはこれと【ネクタル】だけなので実質2択だったみたいです。

普通に【ネクタル】でええやん

とりま完成したので【ボオス】くんの所に持って行きます。

最初は怪しがって飲むのを断りますが、【ライザ】が作った事を知ってその場で飲み干します。

ええやつや。

前作と違い完全に良い人になってしまいましたね。

新人ちゃんイベント

厳密には街道でのイベントです。

街道で倒れ込んでいる【新人ちゃん】。

おなかがすいて動けないみたいです

そこで彼女に品質30以上の食品を5個持っていくというこれもアトリエあるあるのイベントが発生。

てか普通こんな所に座り込んでいたら魔物に襲われて終わりのような気が・・・。

しかも律儀に【ライザ】がアイテムを納品するまで動かないという肝っ玉の持ち主。

とっとと納品してあげましょう。

食品のアイテムを調合しても良いですが、街で売っている【アスラミルク】で問題なしです。

クリアーすると部屋の装飾品である【ランタン】が貰えます。

しかしいろんな意味でこの子謎やな。

カサンドライベント

【農業区】ではお馴染みの【カサンドラ】さんイベントが発生します。

なんかそろそろ栽培させてくれるのかと思えばただの立ち話でした。

クーケン島での農作物の育て方と王都での育て方の違いを語り合う二人。

どうでもいいわ。

さらには仕事は義務でやっている【カサンドラ】さんと好きなことを仕事にしている【ライザ】ちゃんとの違い。

うん。

仕事は義務やで

2つイベントを消化してもどうやらまだ畑を貸してくれる気配が無いですね。

もしかしてうちの早とちりかな?

パトリツィア頑張る

これ忘れてました。

【地下乙女の墓所】に入ってしばらくすると発生します。

後をつけられている気配を感じる【ライザ】ちゃん。

調べてみるとそこにはなんと【パトリツィア】ちゃんが。

2人の後をつけていたみたいですね。

この時点で【タオ】と【ライザ】との関係が気になってストーキングしていた事が丸わかりなのですが2人は全く気づきません。

【タオ】はともかく【ライザ】の鈍感さも筋金入りです。

そして2人と一緒に探検をしたいと言い出します。

当然猛反対する【タオ】くん。

しかし【ライザ】から危ない目にあえば【タオ】が守ってあげればいいやんと正論ぶちかまされます。

まあこの後、本当に危ない目に会うのですが・・・。

なんだかんだで【パトリツィア】が再び仲間に加わります。

これで3人パーティーに戻り戦闘が一気に楽になります。

てか今考えると3人パーティーになってからLV上げをすれば良かった・・・

エメラルドバンド

正直舐めてました。

このシナリオ結構長いです。

先に進むと中ボスとの戦闘があります。

【メガワイバーン】さんです。

雑魚すぎるので省略します。

スクリーンショットも取り忘れました。

雑魚さんを倒すとここで【エメラルドバンド】という腕輪を入手出来ます。

これどう見てもPVであったやつですね。

立体起動もといクラッチクローこと【ワイヤーアクション】ですね。

ここで冒険道具のチュートリアルがあります。

しかしチュートリアルの例がなぜ【釣り竿】なのか謎すぎます。

まあここは前作と変更は全くないですね。

装備しておけば使用できる場所に行くと◎ボタンで使用出来るといった流れみたいです。

そしてこの時点でそういえば【ライザ】が飛び越えようとしていた崖があった事を思い出します。

まあ【マップ】上でもここに行くしかないんですけどね。

どうやらバンドから魔法のロープが出てきてなんか楔みたいなのにひっかけてワイヤーアクションが出来るみたいです。

当然の如くビビりまくる【パトリツィア】ちゃん。

物語を進めるためにいざバンジー。

これ中々快適ですね。

めっちゃ爽快感があります。

これでようやく後半戦に突入のようです。

長いな・・・。

POSTED COMMENT

  1. ライザのアトリエ2攻略⑤  地下乙女の墓所攻略|満月のゲーム攻略ブログ より:

    […] ライザのアトリエ2攻略④ 二つ目の遺跡本編に入る前に。 【ライザのアトリエ2】初週の売り上げが出ました。 15万本です。 もちろん前作【ライザのアトリエ】や… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です