グルメ.料理

市販のカレールー使用 絶対失敗しないカレーの作り方

うちはルルア同様にカレーが好きです。

それこそCoCoイチからインド・スリランカ・タイグリーンカレーなど多岐に渡って食します。そしてもちろん自分で作るのも大好きです。キーマーカレーにスパイスカレーなどルーを使わず香辛料で作る本格的なカレーさえ作ります。

し・か・し市販のカレールーを使用するカレーに関してはある最強の説を持っています。

それは

カレールーの箱裏に書かれている通りにつくるのが一番美味い!!

チャツネ?・コーヒー?・ハチミツ?・中濃ソース?そんなもんは一切いりません。

箱裏の通り作るだけで最高のカレーができます。た・だ・し以下の手順を守ればですが。

それでは作りまーす♪

材料を切る

実はこれが一番大事。材料の切り方です。あ、材料に関してはとりあえず箱裏に書いてある通り以下の準備を。

カレー4人前

肉200g

たまねぎ中1個

にんじん1本

じゃがいも2個

以上です。プラスにんにく一欠とローリエ2枚あればOKです。

まずは玉ねぎです。スライスやみじん切り、飴色に炒めるとかいろいろありますが図のようにざく切りが一番です。

にんじん・じゃがいもは乱切り。大きさの比率は以下の図のように。じゃがいもを一番大きくしましょう。

炒める

うちの中でカレーは煮物ではなく炒め物です。ここでほとんど決まります。

まず最初に肉を炒めてください。たまねぎは後回しです。うち的にはやはり豚肉が一番だと思っとります。まず強火で鍋を煙がでるまで温めてください。その後サラダ油を鍋になじませにんにくと豚肉を一気に炒めます。色がついたら鍋から取り出してください。

次にたまねぎを投入。ここで火は弱火にして下さい。ここから火加減はずーっと弱火になります。たまねぎが透明になってきたら先ほどひきあげた豚肉の油を投入します。そのあとにんじん・じゃがいもをいれて炒めます。

目安はじゃがいもの色が照かりはじめるまでです。さわるとデンプン質で粘つきがでてればOKです。

煮る

ここまでくればほぼ失敗しません。次に水700mlをいれます。その時下の図のような色になっていれば美味しいカレーは確約されました。

必ず水を入れてください。ここでお湯や牛乳やシャレてワインとか入れないでください。カレールーを開発した方々はうちらよりその専門です。水で必ず野菜の旨味を引き出してください。

弱火のまま沸騰させたらアクを丁寧にとります。その後ローリエを入れてください。その時ローリエは必ず折って入れて下さい。

そのまま5分程弱火で煮込みます。にんじん・じゃがいもに串が通れば煮込み終了です。

仕上げ

次に火をとめて、おたまでなべ底をこすって熱を逃がしてください。箱にも書いていますがカレールーを入れる時は必ず火を消して温度を下げてください。でないとカレールーがダマになり不味くなります。

カレールーを投入したらゆつくりと木ベラ等でかき混ぜてください。おたまだとじゃがいもが煮崩れして味が損なわれます。

よく具材が溶け込むとかいいますがそんなもんは雑味にしかなりません。それなら最初からフードプロセッサーでみじん切りにして入れればいいだけの話です。具材は崩さないようにしてください。

カレールーが溶ければもう一度火を弱火にしても一度沸騰させてください。

これで完成です。

 

騙されたと思って一度この通り作ってみてください。本当に美味しいです。

カレールーを考えた人は凄い研究の元作っていますので市販のカレールーを使用する場合は隠し味等は逆にマイナスになります。

是非お試しあれ♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です